~アンヘレスでの初めての夜遊び開始~2019年8月 アンヘレス旅行記1日目(4)

ホテルでシャワーと着替えを済ませ、アンヘレスでの初めての夜遊びへ。

 

とりあえず、ウォーキングストリートを含めたフィールズ・アベニューの通り沿いが夜遊びスポットになるみたい。

 

一旦、ウォーキングストリートを抜けて、チェックしてみる。

 





通りには呼び込みのお姉さん達が出ている。

 

まだ20時にもなってないから、賑わうのはこれからと言った所かな。。。

 

まずはお店に入らず、サクッと歩いて見ることに。

ウォーキングストリートの端から端まで10分かからない程度で歩けてしまう。

 

パタヤのウォーキングストリートと比べるとこじんまりとした感じ。

 

嬉しいのは人が少なくて自分のペースで歩けること。

 

可愛い呼び込みに気を取られてよそ見しながら歩いても人とぶつかることも無かった(笑)

 

パタヤだと20時前はオープンしているゴーゴーバーは少ない。

 

それでも小旗を持った添乗員に先導された中国からの団体客でウォーキングストリートは混み合ってたりする。

 

最近はパタヤ旅行時に20時前にウォーキングストリートに行くことは無くなったけど、以前はバカラで良い席をキープする為にオープン狙いで20時前には着いてたからなぁ~(笑)

 

今はどうなんだろう?

 

オープン前にバカラの前で人が並んでたりするんだろうか!?

 

最近はパレスの方が混んでいるイメージがあるのでパレス前に並んでたりするのかな!?

 

サヌックはパレスの人気がエグくなる前に良く通ってたんだけど、色んなお店からお気にがパレスに移籍してきちゃってトラブルになりそうなので、行くに行けなくなってしまった(汗)

 

そんなパレスの話は置いておいて、どのお店で遊ぼうか。。。

 



 

あんまり何も考えることも無く最初に入ったお店はドールハウス。

 

サヌックの事前のざっくり調査では有名店だった気が。。。

 

いかんせん、ざっくり調査だからあんまり覚えてない(笑)

 

調べたのアンヘレスに行くことが決めてからじゃ無くて、決める前に「どんな所だろう?」って感じで調べただけだから、半年以上は前になるのよね(汗)

 

その後も適当にネットサーフィンしながら調べてはいるんだけど、いかんせん”適当”なもんで(笑)

 

店内の方は時間が早い割にはお客さんは入っている。

 

ただ、ゴーゴー嬢のレベルの方はイマイチ。

 

きっちりとは言えないまでも、曲に合わせてダンスを踊る嬢。

 

かなり、やる気にはバラツキはあるけど、振りも一応、統一されている感じになっている。

 

 

でよく見ると、前にモニターがあって、ダンスビデオが流れている。

 

 

そうか、これを見ながら踊っているから振りが統一されてる感じになっているのか。

 

でも、自分が好きな曲の時はメッチャ踊るけど、そうで無い時は適当に流すから結局はバラバラなんだけどね(笑)

 

 

暫くすると、ショータイムが始まる。

 

 

 

 

 

 

いらねぇ~(汗)

 

 

 

 

 

いらないと言っても始まってしまうとどうしようも無い…

ただ、終わるのを待つ。

しかし、長い。。。

 

実際は10~15分といった所なんだろうけど、滅茶苦茶、長く感じる。

 

 

やっと、終わって次のゴーゴー嬢のチームがステージに上がる。

 

次のチームもイマイチ(汗)

 

せっかく待ったのに。。。

 

いきなりドンピシャな嬢に出会えるとも思って無いし、仮に出会ったとしても最初に入った店だと、「他に行けばもっと良い嬢に出会えるかも」となって、指名しないだろうから、まぁ良いや(笑)

 

チェックビンして次のお店へ。

 



 

次に入ったお店は…

 

 

 

名前忘れた(笑)

 

ドールハウスの前にあるこじんまりとしたお店。

 

このお店、ゴーゴー嬢の衣装が水着じゃ無ければ、そろいの衣装でも無い。

 

これ、私服じゃね!?って思わせるような衣装。

 

勿論、露出度は高くて、いくら私服っぽくてもジーパン、Tシャツと言う訳では無い。

 

キャバクラぽくてこれはこれで悪く無い(笑)

 

悪く無いと言うか水着よりこっちの方が好き(笑)

 

ただ、服を着ているとスタイルがハッキリわからないのが難点ではある。。。

 

裸になってびっくりって事もありそう。

 

 

小さなお店で嬢も多く無いけど、レベルは高め。

 

客はサヌック含めて3人。

 

ここのお店でもモニターに映し出されたダンスビデオを見ながらゴーゴー嬢は踊っている。

 

暫くすると、嬢達はステージの脇に座り始める。

 

 

 

 

何、この唐突な休憩時間は!?

 

 

 

 

 

 

 

 

特にお店の人が注意する素振りも無し。

 

んで、客が入って来ると立ち上がって踊り出す。

 

指名してくれそうな雰囲気が無いと、また座って休憩を始める。

 

座ったかと思えば自分が好きな曲が流れだすと、立ち上がって踊り出す。

 

メッチャ省エネ & 自由(笑)

 

 

 

 

 

 

 

サヌックとしてはステージ上に居てさえしてくれれば、チェックできるから踊って様と座って様とどっちでも良いんだけど、タイのゴーゴーバーとの違いにちょっとしたカルチャーショックを受けてしまった(笑)

 



 

隣の席のインド系の客が指名しているゴーゴー嬢がなかなか可愛い。

 

ただ、客が体を触ったり抱き着いたりしてくるのを露骨に嫌がる。

 

サヌックだったら、あんなに露骨に嫌がられたら軽く傷つく所。

 

でも、この客はお構いなしで触るは抱きつくはキスしようとするは。

 

嫌がられてるのに気が付いて無いんであろうか!?

 

それともお構いなしって感じなんであろうか?

 

いやまぁ、そういう事するお店だから良いんだけど、真似出来ないっす(汗)

 

ここでもカルチャーショック(笑)

 

 

ちょっと、この嬢は惜しい気もするけど、指名されてるしどうしようもない。

 

何より露骨に嫌がる姿を見てしまうと、リリースされたとしても指名には踏み切れないっす(笑)

 

別のお店に行くことも考えたけど、他にも可愛い嬢がいるのでもう少し粘ってみることに。

 

つづく

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ にほんブログ村

関連記事

  1. 2019年8月アンヘレス旅行記

    ~出発~ 2019年8月 アンヘレス旅行記1日目(1)

    記憶が薄れて行く前に8月のアンヘレス旅行記を書いて行こうと思います。…

コメント

    • リン
    • 2019年 10月 07日

    初めてアンへのゴーゴーに行くと、タイとのギャップにおどろくよね。

    踊らないの意味が本当に踊らないだからね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

最近の記事

ランキング

PAGE TOP