バンコクのソイカウボーイ、ナナプラザ、パタヤのウォーキングストリートのゴーゴーバー、マッサージパーラーを中心とした夜遊び バンコク・パタヤ旅行記ブログ

~再びWalking Streetへ~ 2017 GW パタヤ旅行記 5日目(6)

ランウェイでペイバーしたPちゃんとブンブンを終えて、再びウォーキングストリートへ。

 

お腹が空いた…

 

どうせならペイバーしたゴーゴー嬢と一緒に食事をしたいから、もう少し我慢をしよう。

食事と言えば、バカラのSちゃんと今夜、食事に行く約束をしてたんだった。。。

 

既に約束の時間を過ぎている。

ペイバーされていなければ、今から行っても問題は無いだろう。

 

 

でも…

 

 

 

 

新規開拓がしたい!

 

 

 

って事であても無くウォーキングストリートをブラブラ。



そして、行きついた先は、今回の旅で割と気に入ったビーチクラブ。

それなりに期待をして店内へ。

 

店内はなかなかの盛り上がり。

ピンポン玉が乱舞している。

可愛いコヨーテも結構いるし悪く無い。

 

悪くは無いんだけど…

 

可愛い嬢はだいたい客に指名されている。

そして、そのおこぼれでドリンクを奢って貰おうとする嬢のお友達。

1人で2人、3人と嬢を付けている客も多数。

 

 

誰もサヌックに見向きもしない(笑)

 

こっちは財布を緩める準備をしてると言うのに…(笑)

 

ここでビーチクラブには見切りをつけて次のお店へ。

 

 

次に目指したのはビーチクラブと同じハッピー系列のペパーミント。

 

ここもビーチクラブに負けず劣らず盛り上がっている。

そして、ビーチクラブと同じくピンポン玉が飛び交っている。

 

飛び交っていると言う事は、嬢はピンポン玉拾いに夢中でサヌックは見向きもされない(笑)

指名をされている嬢も客がピンポン玉を投げる体勢に入ると、自分の客そっちのけでピンポン玉キャッチの準備をする。

 

こんな状態でサヌックに出来る事はこちらに飛んで来たピンポン玉を素早く拾って、可愛い嬢に笑顔で渡すぐらい(笑)

 

ピンポン玉が飛び交う状況ではなかなか落ち着かない。

でもって、ピンポン玉を投げる客は際限が無い。

 

お金持ってるなぁ…

 

たまぁ~に、ピンポン玉を1個ずつ刻んで投げてる客がいるけど、あれはイマイチ盛り上がらない。

どうせなら、籠に入ったピンポン玉をイッキに投げないと。

 

っと、ピンポン玉を買った事の無い人間が心の中で思う(笑)

 

あれ1籠が1000バーツで50個ピンポン玉が入ってるんだっけ!?

一瞬で1000バーツを飛ばす勇気も余裕もサヌックには無いです…

 

結局、ここでも盛り上がる客と嬢を眺めるだけで終わってしまった。

 

マジでお腹が空いてどうしようも無くなってきた…

 

でも、ここまで来たらどうしても嬢と一緒に食事をしたい。

 

ここはバカラでSちゃんをペイバーするかな。

約束の時間はだいぶ過ぎちゃったけど(笑)

つづく


関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アーカイブ

姉妹サイトはじめました

ランキング

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る