バンコクのソイカウボーイ、ナナプラザ、パタヤのウォーキングストリートのゴーゴーバー、マッサージパーラーを中心とした夜遊び バンコク・パタヤ旅行記ブログ

~パタヤ最後のオイルマッサージ~ 2016年9月 バンコク・パタヤ旅行記 6日目(3)

ホテル近くのマッサージ屋で見つけたフェロモン系マッサージ師にマッサージをして貰うべく、店前でたむろしているマッサージ師達に近づいていく。

おばちゃんにマッサージをして貰っても仕方が無いので、しっかり自分の意思を伝えるようにしないとな。

 

マッサージ屋の前まで行くと、おばちゃんマッサージ師たちがメニューを見せながら口々にマッサージを受けて行けと勧めてくる。

意志を伝えなければと思いつつ、いざとなると何と言って良いのかわからず言葉が出てこない(汗)

そもそも、フェロモン系マッサージ師は一人だけジーパンにシャネルのTシャツ(本物かは不明)姿なのでマッサージ師かどうかも不明な訳で…

 

言葉がなかなか出ないので、フェロモン系マッサージ師に視線を送ると、おばちゃんマッサージ師たちは察してくれたみたい。

 

どうやらこの真っ赤な口紅、シャネルTシャツにジーパンとおおよそマッサージ師には見えない姿のお姉さんもマッサージ師ではあるみたい。

腕前はどうかはわからないけど、オイルマッサージを受けるつもりだから誰がやってもたいして変わらんだろう(笑)

 

 

マッサージを受けるためにまずはシャワーを。

このお店のシャワールームは非常に綺麗。

これはひょっとして、すんごいまともなマッサージ屋なのかも!?

 

いや、いや、あんだけフェロモン出してるんだから、手コキぐらいはしてくれるでしょう。

 

 

 

そうであって欲しい(笑)

 

シャワールームからマッサージルームに移動しそのまま、マッサージ台にうつ伏せに。

 

マッサージ台だと、肌の密着度が低くなるからあんまり好きじゃないのよね…

それでも、馬乗り状態でオイルマッサージのパターンもあるから、希望はまだある。

 

 

でも…

 

ジーパン姿のままではありえないか(汗)

 

 

淡い期待を抱いて受け始めたオイルマッサージだったけど、何も起こらないまま終了。

手コキの誘いぐらいは確実にあると思ってただけに、凄い肩透かし。

 

無いならそんなフェロモンだすなよぉ~(笑)

 

この欲求不満は夜に爆発させるしか無いな…

つづく


関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アーカイブ

姉妹サイトはじめました

ランキング

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る