バンコクのソイカウボーイ、ナナプラザ、パタヤのウォーキングストリートのゴーゴーバー、マッサージパーラーを中心とした夜遊び バンコク・パタヤ旅行記ブログ

~マッサージパーラのナタリーへ~ 2013/2014 バンコク・パタヤ旅行記 四日目(2)

2014年 元旦のバンコク。タイマッサージを終えて、部屋でのんびりするつもりが

ベットメイキングが終わって無い…

仕方なく、マッサージパーラーのナタリーに行くことに(笑)

マッサージパーラーは日本で言うソープランド。

ただ、日本と違って実際に女性を見て決めることが出来る。

ナタリーはその中でも日本人の人気が高い店。

バンコクコージーも良い店だけど、こっちは交通の便が悪い…

その点、ナタリーはMRT(地下鉄)、ファイクアン駅から徒歩5分程度と便利かつ

女の子の数がスバ抜けて多い。

女の子を選ぶ際、四方からアピールが来るので

視線が痛い。

客のほとんどが日本人の為、競争も激しいので好みの子を指名するには、

昼の3~4時には店についておきたい所。

今は3時をまわったところなんで、まぁ大丈夫だろう。

地下鉄 スクンビット駅に移動。

スクンビット駅周辺で宿を取ると本当に便利。

ソイカ、ナナプラザは徒歩圏内だし、マッサージパーラー、ハッポン、タニヤは地下鉄で行ける。

つうわけで地下鉄 スクンビット駅からラチャダーピセーク方面へ4駅、ファイクアン駅に到着。

MRT

3番出口から出て、南へ少し下りナタリーへ。

 

途中、ハイクラス、エマニュエルといったマッサージパーラーもあるが無視。

この時間に女の子を揃えているのは、この界隈ではナタリーぐらいのもんなんで。

 

ナタリー到着。

ナタリー

 

店に入ると…

 

客が多い!!!しかもほとんど日本人!てか、全員日本人!?

で、肝心の女の子は少ない。全然いない…

普段は女の子が座っているサイドゾーンのソファーに客が座っているし。

女の子で溢れかえっていた、ナタリーが…

四方を女の子に囲まれて、視線が痛い、ナタリーが…

元旦は女の子が少ないと聞いてはいたけど、ここまでとは…

来るんなら年あけまえにするべきだったと後悔。

 

テーブル席に座って、コーラを飲みながら暫く様子を見る。

しかし、女の子は増える様子は無い。

完全に需要と供給のバランスが崩れているので、

ひと仕事終えた女の子もすぐさま指名されて行きます。

気がついたら、ひな壇に1人残っているだけ(笑)

ひな壇の嬢と、ソファー席の嬢では金額が違います。

ひな壇が2000B、ソファー席が2300 ~ 5500Bぐらいだったかな。

ただ、可愛いから高いと言う訳では無く、結構年齢が影響しているみたい。

なんで、年齢は高めですが、ひな壇にも可愛い子はいます。

あと、ナタリーではひな壇の嬢は120分(ソファー席の嬢は90分)かつマットプレイが

受けれます(笑)

サヌックも一度だけ、お世話になりました(笑)

基本は間近で見られるソファー席の嬢を指名しますが。

いくら、ひな壇の嬢でも気にしないと言っても、さすがに今回は選択肢が無さ過ぎなので

スティサンのマッサージパーラー、ポセイドンへ移動する事に

つづく


関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

アーカイブ

姉妹サイトはじめました

ランキング

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る